-

自動車での事故は自分だけで起こした事故と別の人が関わった自動車の事故があります。http://www.smart-mobility-asia.jp/

あなただけの事故の場合は事故の処理をしたら終わりますが自分以外が関与した事故は各々にどれだけの過失が存在するのかをチェックして、この結果によって愛車の修復のお金が示談金等が決定しますので自動車の保険屋さんの担当者を交えながらの話し合いが不可欠です。

大抵の自動車の事故のケースで、それぞれに多少なりとも責任があるケースが多数で片方のミスが問われるという場合はほとんどないようです。

赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかったなどはかなり重大な過失なりますが、被害を受けた人であってもミスがあると判断されます。

車での事故の時にはどのドライバーのミスが原因で発生したのかということがすごく重要なポイントになるので、その結果を誰にも分かりやすく表したものが『過失割合』になります。

仮定として、信号無視や一時停止無視場合では、道路交通法の規則上相手の人が全部のミスがあるように見えますが、その状況でその車が正面から来ており自分の目でチェックできた場面であれば自動車の事故の被害者でも注意が足りないと判断され10%ぐらいの間違いが指摘される状況もあります。

よってこの状況では事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた側が1割過失割合と決められミスが大きいとそれだけのミスが問われる事になるのです。

そして車の事故の割合過去の車の事故の判例をベースに決定されることが往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから明示されている認定基準表がものさしとして利用されます。

この過失割合で、数値が大きければ手違い結果的に損害賠償金も大きくなると考えられるので、事故後の交渉は本人同士だけでなく車の保険屋さんの係りの人を交えきちんと交渉することが重要です。

Category

リンク