-

融資を使用する時は、ご利用するサービスの審査に申込み、その審査に通過する必要があるのです。

となると、そういう審査基準では、ご利用者のどの箇所が判断されるのでしょうか。

融資する会社は審査を受け取ると、まず自分の企業の登録名簿に申込みした方がエントリー済みかどうなのか、確認します。

次に、信用情報機関に確認して、申込者のデータがあるかどうなのかみます。

次に、申込者の年代や今までの利用経験といったような、個人に関する情報の面もみていくのです。

最終的に、融資を利用させるかいくらくらいの価額の融資を許すかなどを審査していきます。

審査基準をパスすることで、クレジットカードが発行され、借り入れサービスを利用することが可能となるのです。

お金の借入れの申し出には、申込み者の個人に関する情報といえるものみんな晒すつもりで望まなければなりません。

自分はもとより家族構成や、職や勤め先や、住居の状況等も審査事項に書く必要があります。

貸付け会社の難しい審査では、そういった判断する項目のことを属性と呼ぶことがあります。

属性の中でも、特に大事な属性があります。

そこにひっかかってしまった場合には、難しい審査を通る見込み低くなってしまいます。

大切とされる属性とは、その人がどんな人間なのかということを分かることができ、さらに裏付けがあるものについては重要とされる流れがあります。

その中でも、所得レベルが知ることができる属性も重要とされるようです。

年の収入は重要とされるだろうと感じるかもしれないのですが、実際は、年の収入は自分で申し立てができるものですので、年の収入自体というものは裏付けがとれない限りはそんなに大事なものでないのです。

嘘の情報もできる項目であることから、立証ができるものより重要視されることはないはずです。

そして職種の面では、中でも「離職率が低い」職種であれば、厳しい審査にも関わらずプラスポイントになります。

公務員などがその最たる例で、それに次ぐ職業ではホワイトカラーと言われるサラリーマンなどとされます。

審査にマイナスとなってしまう業種はその逆で、「離職率が高い職種」となります。

接客業や、日雇い、個人事業主や、漫画家なども、安定している業種だと見られずらく、審査自体が通過しにくくなるようです。

その他にも、住み家では、私有の家であるかどうかは無論重要とされるのですが、同時に、住んでる年数もとても重視されます。

高級なマンションを所有しているよりは、どのような家であろうともずっと住んでいるほうが審査では有利になります。

長期間住んでいることで、信用できると推測されるのです。

Category

リンク